ジョブアシストカレッジが選ばれる4つの理由

ジョブアシストカレッジは、早く資格を取得し、即戦力で介護業界で働きたいと考える人たちのための資格取得スクールです。当校で実施している初任者研修資格取得のためのコースは最短で1ヶ月での資格取得が可能です。

また、介護福祉士の資格取得を考えている場合、2年制の専門学校に行き受験資格を取得する形と3年の実務経験を積みながら実務者研修資格を取得し、受験資格を取得する形があります。

当校での実務者研修コースは、6ヶ月という短期間での資格取得が可能です。スクーリング時間も65時間と少ないので働きながらの資格取得が可能になります。2年の専門学校通学と比べ働きながらの3年間ですから、短期間で即戦力として介護現場で活躍ができます。

ジョブアシストカレッジにはベテラン講師陣だけではなく、現在も介護現場で活躍している講師がたくさんいます。そのため、基礎の基礎からコミュニケーション技術や実践的な介護技術などの現場で生きる介護まで丁寧に指導しています。

また、講師陣と受講生をつなぐアドバイザリースタッフが常時学校内にいます。講師には敷居が高くて聞きにくいことなど、気軽に質問していただくことが可能です。

そして、これまでに当校では福祉業界での実務経験がまったくなかったり、異なる業種に従事していた受講生を職業訓練校として数多く介護業界へと送り出してきました。そうした経験とノウハウを生かし受講生をサポートしております。


ジョブアシストカレッジでは、資格取得必要な知識や技術カリキュラムのほかにも、コミュニケーションを通じて人間形成を助けるカリキュラムも設置しています。

当校では10代から50代の方まで幅広く受講されます。介護業界に従事するということは、年齢の高い方だけではなく幅広い年齢層の方とのコミュニケーションが必要になります。受講生同士、いろいろな世代の方と学び交流することで、介護業界においてもっとも必要と考えるコミュニケーション能力を高めることが可能です。

また、年に一度卒業生と在校生全体での同窓会を開催しているので、ジョブアシストカレッジの授業や生徒同士の交流を通じて社会人としての成長を目指しましょう。


厚生労働大臣認定の職業訓練校として、多くの卒業生を県西部の介護施設へ輩出し、高い就職率を誇っています。そこで培った信頼関係をもとに、個別面接(キャリアコンサルティング)を行い、生徒一人一人の希望に沿った就職先を責任を持ってサポートします。

実際に「ジョブアシストカレッジの生徒さんを」と、プレゼンテーションに来校していただける施設も数多くあります。

また、福祉施設や機関と連携をとって、職場見学、職場体験、実習、就職説明会、AED講習(資格)など機会を多く提供し、受講生の就職を後押しします。