介護についてはじめての方へ

介護にはどんな仕事があるのか?

介護業界にはいろんな職場がり、働き方もさまざまです。
フルタイムはもちろん、パートタイマーの働き手も多く求められ、夜勤の有無、業務などワークライフバランスを考えて職場を選ぶことができます。

施設で生活をする利用者様へ、入浴や食事などの日常生活全般のサポート、レクリエーション、リハビリ、療養上のケアなどを提供する仕事です。
利用者様のご自宅を訪問し、食事や入浴などの介護(身体介護)や、掃除・洗濯・買い物・調理などの生活の支援(生活援助)をおこなう訪問介護の仕事です。
看護スタッフと介護スタッフが連携して入浴の介護を行う「訪問入浴介護」という仕事もあります。
日帰りで施設(デイサービスやデイケアなど)に通う利用者様へ、食事や入浴などの日常生活上の支援や、レクリエーション、生活機能向上のための機能訓練などを提供する仕事です。
  • 常に介護が必要な方を受け入れて介護を提供する「特別養護老人ホーム(特養)」
  • 在宅復帰を目指す方を受け入れて医療・介護などを提供する「介護老人保健施設(老健)」
  • 病状が安定した長期療養が必要な方を受け入れて医療・介護を提供する「介護療養型医療施設
  • 認知症の方の共同生活をサポートする「グループホーム」
  • 利用者様の孤立感の解消や心身機能の維持回復、家族の介護負担軽減などを目的として短期間の入所を受け入れる「ショートステイ」
  • 生活や介護で付加価値の高いサービスを提供する「介護付き有料老人ホーム」

介護にはどんな仕事があるのか?

平成25年から介護の資格が大きく変わりました。
変更後の大きなポイントは、
①介護業務にかかわる資格が、初任者研修・実務者研修・介護福祉士の三つになってスッキリしたこと、
②平成28年度から介護福祉士試験の受験に実務者研修修了が義務付けられたことです。これから資格を取得しようと考えている方は、まずは初任者研修か実務者研修のどちらかを取得することになります。

介護業務にかかわる資格は初任者研修・実務者研修・介護福祉士で、介護福祉士試験の受験に実務者研修修了が必須になった。
国家資格。介護福祉士は介護の介護のスペシャリストです。
介護の世界でキャリア形成をしていくためには避けて通れません。
介護の上級資格。
この資格と3年間の実務者経験があれば介護福祉士試験にチャレンジ可能なため、これから介護の世界で働く人にとって必要な資格です。ホームヘルパーとしてはもちろん、多くの介護福祉関係施設で活躍できます。
以前はヘルパー2級と呼ばれていた介護の初級資格。
利用者の自宅を訪問して介護をする訪問介護(ホームヘルプ)には必ず必要となります。

介護業界への就職

人材不足の介護業界では、資格をお持ちでない方でも比較的就職がしやすいと思いますが、資格の有無でお給料も変わってくることもあり、また業務で腰などを痛めることがないようにまずはしっかり勉強して資格を取得してからの就職をおすすめします。

今、介護で働く人材が求められています!

4人に1人が高齢者という超高齢化社会を迎え、介護の仕事はますます重要性をましていますが、高齢者の増加に対して介護人材の確保が追い付いていな いのが現状です。

高齢化率が高くなっていくなかで、介護の質も高いものが求められる一方、平成37年(2025年)までに、さらに100万人(現在の1.5倍)以上もの人材が必要とされているのです。

  平成12年度
(2000年度)
平成24年度
(2012年度)
平成27年度
(2015年度)
(推計値)
平成27年度
(2015年度)
(推計値)
介護職員 55万人 149万人 167~176万人
(164~172万人)
237~249万人
(218~229万人)
介護その他
職員
26万人 70万人 81~85万人
(77~81万人)
128~134万人
(102~107万人)

高齢化率推移のグラフ 浜松市でも介護福祉の新規求人が出されている。介護の仕事は、なくならない安定した就職先である。